Nigussie(ヌグセ)特命准教授が科学研究業績表彰を受賞しました!

Nigussie Haregeweyn Ayehu(ヌグセ ハラガウェインアイェフ)特命准教授が、平成29年度鳥取大学科学研究業績表彰を受賞しました。

2月28日に湖山キャンパスで授与式が行われ、学長から表彰状が授与されたのち一般財団法人日ノ丸報恩会の中尾常務理事からから副賞(日ノ丸報恩会奨励金)が贈呈されました。

対象となった業績は以下の論文で、Elsevierから出版されているScience of the Total Environmentに掲載されたものです。
Science of the Total Environmentはインパクトファクター(5年間)が5.102であり、また本論文はInCitesによりトップ10%論文に認定されているなど、顕著な業績として認められました。


■題   目:Comprehensive assessment of soil erosion risk for better land use planning in river basins: Case study of the Upper
       Blue Nile River. (論文を読む
       (河川流域におけるより良い土地利用計画のための土壌侵食の総合的評価:青ナイル川上流域における事例研究)
       Haregeweyn N, Tsunekawa A, Poesen J, Tsubo M, Meshesha DT, Fenta AA, Nyssen J, Adgo E. (2017) Science of the Total        Environment, 574: 95-108 DOI: 10.1016/j.scitotenv.2016.09.019
■発表年月日:平成29年1月1日
■発表学術誌:Science of the Total Environment
■筆 頭 著 者: Nigussie(ヌグセ) Haregeweyn(ハラガウェイン) Ayehu(アイェフ) (国際乾燥地研究教育機構・特命准教授)

表彰式前に、山中乾燥地研究センター長と。
豐島学長から表彰を受けるNigussie特命准教授。
表彰式後の記念撮影。
賞状を手に笑顔のNigussie特命准教授。
2018年02月28日