鳥取大学 持続性社会創生科学研究科 国際乾燥地科学専攻 Graduate School of Sustainability Science, Department of Dryland Science

専攻概要とコース説明

国際乾燥地科学専攻の概要

国際乾燥地科学専攻の学生の所属は、一般コースと特別コースに分かれ、コースにより教育課程表が異なります。国際乾燥地科学専攻におけるコースは学生の所属先であり、教育はコースごとに分かれておらず、研究指導する学生及び担当する授業科目に応じて両方のコースの学生指導を行います。一般コースの学生は日本語の授業科目、特別コースの学生は英語の授業科目を履修することになりますが、一般コースの学生も、必要な英語の語学力を満たしていれば授業担当教員に確認のうえ、英語で開講される授業科目を履修することができます。

本専攻は、乾燥地における農業、環境保全に関する知識・技術を修得し、併せて多様な文化や住民の生活の質に関わる人文・社会科学の知識を身に付け、地球規模で生じている自然及び人類的課題の解決策をグローバルな視点によって導き出し、自然と調和する循環型社会の創生のために国際的に活動できる人材を養成します。

修了要件(学位取得)

    修了(学位取得)の要件は鳥取大学大学院持続性社会創生科学研究科国際乾燥地科学専攻履修規定を参照してください。修了には在学期間(2年以上)が必要です。但し、優れた研究業績を上げた者と本研究科が認めた場合には1年以上(早期修了制度)があります。
  • 国際乾燥地科学専攻履修規定
  • 一般コース教育課程表

      必修科目は、研究科共通科目【基盤科目】から1科目1単位、専門科目【展開科目】から3科目18単位(主担当教員の特論及び「国際乾燥地科学特別演習Ⅰ、Ⅱ」)の合計19単位です。必修科目と選択科目を合わせて、合計30単位以上を修得しなければいけません。展開科目等の履修に関しては、主担当教員とよく相談して 決めてください。
    • 一般コース教育課程表

    特別コース及びABE Initiative Program (留学生のための乾燥地農学特別プログラム) 教育課程表

      必修科目は、研究科共通科目【基盤科目】から1科目1単位、専門科目【展開科目】から3科目18単位(主担当教員の特論及び「国際乾燥地科学特別演習Ⅰ、Ⅱ」)の合計19単位です。また、選択科目のうち、専門科目【基幹科目】の「トップサイエンティストレクチャⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ」の4科目から2科目を必ず選択して4単位以上修得する必要があります。必修科目と選択科目を合わせて、合計30単位以上を修得しなければいけません。展開科目等の履修に関しては、主担当教員とよく相談して決めてください。
    • 特別コース教育課程表

    シラバス

      シラバスは以下のサイトから検索できます。
  • シラバス検索画面へ
  • 研究指導

      研究指導は、学生1人に対して、主担当教員(教育研究分野教員)と2人の副担当教員の計3人で行います。学生は、主担当教員の指導のもと、毎年度所定の時期までに研究指導計画書と研究指導報告書を作成し、提出しなければなりません。これらの計画書と報告書を提出しないと研究指導を受けたことになりません。
  • 研究指導計画書・研究指導報告書
  • English

    オプション

    文字サイズ

    • 標準

    文字色/背景色

    • 標準
    • 白/黒
    • 黄/青